福岡のお役立ち情報を届けるローカルメディア

福岡から柳川への移動手段まとめ。セットの乗車券を利用して、お得に移動しよう

鰻や川下りで有名な福岡南部に位置する柳川市

福岡市からの距離は約50kmほどあり移動するとなると西鉄電車での移動が一番お手軽です。

今回は、福岡市(天神・博多)から柳川への移動手段についてまとめております。

西鉄福岡駅(天神)からの場合

天神

西鉄電車を利用する場合は、電車での移動時間を減らすために必ず特急電車を利用するようにしてください。

特急電車は、現在は1時間に2本(00分・30分)に発車しています。

西鉄電車の料金・所要時間

料金 所要時間
西鉄福岡駅ー柳川駅 片道:850円(往復:1,700円) 約50分〜

 

西鉄福岡駅(天神)からであれば西鉄電車が販売しているお得な切符がありますので、そちらがオススメです。

湯ったり柳川観光きっぷ

発売駅 大人 小児
西鉄福岡駅(天神)等複数箇所あり 3,170円 1,640円

柳川だけが目的であれば西鉄電車から発売されている、「湯ったり柳川観光きっぷ」がお得です。

電車往復乗車券(西鉄福岡駅ー柳川駅 1,700円) + 川下り乗船(1,600円) + かんぽの宿柳川入湯料(500円)の総額3,800円相当がセットになっています。

電車往復券・川下り乗車の合計だけでも「湯ったり柳川観光きっぷ」の方がお得になっています。

利用期限は2日となっています。

切符の購入駅(乗降車駅)によって金額が変わりますので他の駅からの利用の場合は、西鉄沿線おでかけナビからの確認お願いします。

 

太宰府・柳川観光きっぷ

発売駅 大人 小児
西鉄福岡駅(天神)・薬院駅 2,930円 1,420円

こちらの「太宰府・柳川観光きっぷ」は柳川だけでなく、太宰府への乗車券もセットになっています。

電車往復乗車券(西鉄福岡駅ー太宰府駅ー柳川駅 合計2,140円) + 川下り乗船(1,600円)の総額3,740円相当がセットになっています。

こちらのセットは太宰府天満宮も回れてお得なセットですが、日帰りで行きたい場合は朝からスケジュールを組んでおかないとバタバタなりますので、注意が必要です。

こちらも同様に利用期限は2日となっています。

また、切符発売駅は西鉄福岡駅(天神)・薬院駅限定で発売されていますのでご注意ください。

詳しくは、西鉄沿線おでかけナビからの確認お願いします。

 

博多駅からの場合

博多駅

博多駅から柳川に行くのは結局のところ西鉄電車に乗り換えて移動するのが早いので、西鉄バス・福岡市営地下鉄を利用し、西鉄福岡駅(天神)への移動がお手軽です。

博多駅ー西鉄福岡駅(天神)ー柳川駅 料金 所要時間
西鉄バス+西鉄電車利用 片道:950円(往復:1,900円) 約75分〜
福岡市営地下鉄+西鉄電車利用 片道:1,050円(往復:2,100円) 約65分〜

 

 

福岡空港からの場合

福岡空港

福岡空港から柳川に行く場合は博多駅の時同様に地下鉄で西鉄福岡駅(天神)に移動してから西鉄電車を使う方法と、福岡空港から柳川までの高速バスがあります。

地下鉄+西鉄電車の場合

福岡空港ー西鉄福岡駅(天神)ー柳川駅 料金 所要時間
福岡市営地下鉄+西鉄電車利用 片道:1,110円(往復:2,220円) 約75分〜

 

高速バス利用の場合

福岡空港ー柳川 料金 所要時間
西鉄高速バス 片道:1,600円(往復:3,200円) 約70分〜

福岡空港から直接行きたい場合は、乗り換えで迷ってしまったり、乗り換えのタイミングが合わなかった等もありえますので、料金は高いですが、西鉄高速バスを利用するのが安心ですね。

所要時間に関しても高速を利用しているため電車に比べると早く到着するかと思います。

本数がかなり少ないので、その点は注意が必要です。詳しくは柳川観光ガイドをご確認ください。

 

「湯ったり柳川観光きっぷ」の購入がオススメ

様々な箇所からの移動手段について書きましたが、博多発・福岡空港発であっても西鉄福岡駅(天神)に移動し、「湯ったり柳川観光きっぷ」「太宰府・柳川観光きっぷ」を利用し、移動するのが、お得になってますので、柳川に行く際はお得なセットを購入するようにしましょう。